2018年11月24日土曜日

ロックの鍵をなくして防犯の知見を得た話

もう先月のことですが、(家の鍵と)バイクのU字ロックとリンクケーブルロックの鍵をなくしてしまいました。

この日は家に客がくることになっていて、大慌てで掃除したり、買い出ししたりしていたんですが、翌日になったら鍵がないことに気づきました。

それから何日も家の中でなくしたのではないかと探したのですが見つかりません。念のため警察にも届け出ましたが、未だに見つかっておりません。おそらくゴミと一緒に捨ててしまったのではないか、というのが濃厚です。

バイクの前輪に掛けたU字ロックと後輪のリンクロック、どちらもスペアキーがあるつもりでしたが、それすらありませんでした・・・。



で、3週間。もう諦めて切断するしかないと100均で金のこ切りを買ってきたんですが、もしかしてバイク保険のロードサービスが使えるんじゃないかと保険屋に電話してみたら、対応してもらえました。



前輪のU字ロックはYAMAHA製。前輪がバイク置き場の奥まったところにあったこともありますが、U字ロック自体のサイズが小さく、タイヤにぶら下げるような使い方だったためか、切断するのに20分ほど掛かっていました。これは防犯的にかなり有効だったんだなということがわかります。

後輪のリンクケーブルロック(ゴジラロック)はものの数分で切断できました。こちらは防犯的にはほとんど役に立たないですね。リンクロックはおそらくどんなメーカーでも構造的には同じなので、極太だろうがなんだろうが簡単に切られてしまうと思います。

どちらも10年選手だったのですが、樹脂ではない金属部分の劣化ということはとくにありませんでした。やはり防犯的には金属の塊(チェーンやU字ロック)が有効なのだと思います。

ということで、ちゃんとスペアのあるロックを使いましょう。